背中ニキビの原因と治療法について

背中に限らず、ニキビが発生する原因の多くは肌の乾燥、疲労や精神的ストレスによるホルモンバランスの乱れです。ニキビは過剰分泌した皮脂が角栓となって毛穴を詰まらせ、さらに皮脂が溜まることで発生します。肌が乾燥すると、皮膚を保護するために皮脂が多く分泌されますし、ホルモンバランスが乱れると皮脂の分泌を促す男性ホルモンの量が増えるとされています。
背中ニキビの発生を抑えるには、背中を化粧水や美容液などでしっかり保湿ケアを行い、生活サイクルや食生活を見直してみることが大切です。ニキビの炎症を抑えるビタミンC配合のスキンケア商品がおすすめです。また、原因として洗髪の際に使用されるシャンプーが背中ニキビの原因となることもあります。シャンプーを変更してからニキビが出現し始めた場合、違うシャンプーに変えてみるのも一つの手段です。
背中ニキビが大量に出現した場合、セルフケアよりも皮膚科での治療を行いましょう。ニキビ治療の中には、健康保険等が適用できる治療もあります。ニキビを治すため、多くの医療機関では炎症を抑えるタイプの塗り薬が処方されます。他にも、古い角質を薬品で溶かして、ターンオーバーを促すピーリングがあります。角質が硬くなると、角栓を生じやすくなりニキビも出やすくなるので、皮膚を新しく綺麗な状態に整えます。女性ホルモンに似た物質として知られるイソフラボンを利用した、ホルモン療法も近年注目されている根本療法の一つです。