背中ニキビのせいで着たい服が着れない。効果的な治療法で悩み解決! > 原因 > もうやだ背中ニキビ!やってみる価値ありのおすすめの治し方

もうやだ背中ニキビ!やってみる価値ありのおすすめの治し方

背中ニキビって、なぜできるの?

思春期の時は、ニキビは青春の証なんて言って、笑って誤魔化したりもしたけれど、すでに世間からは、成人と認められて早数年~数十年が経過。大人ニキビは、10代の頃よりも憎々しい存在。顔に昨日までは見かけなかった大人ニキビを見つけると、なぜか、うわっ悔しい!って気持ちになりますね。なんだかケアレスミスをしたような、納得のいかない感覚。

背中はどうでしょう?顔は、毎日、鏡などで確認できますが、背中の状態は、意識しないとわかりません。手で届く範囲をさすってみると、なんだかザラザラ、プツプツしている。そんな方は、いませんか?背中を鏡でよく確認してみてください。もしかするとニキビかもしれません。背中は皮脂分泌が盛んな箇所ですから、少しの原因でも、ニキビになりやすい場所なのです。

では、背中ニキビの原因をピックアップしてみましょう。

背中ニキビの原因

①シャンプーや石鹸の洗い残し

②洗濯洗剤のすすぎ残しが肌を刺激する

③衣服がこすれる、素材が合わない

④就寝中の寝汗

⑤ストレス

⑥紫外線

⑦食生活の乱れ

⑧アレルギー

などが考えられます。

体の内側から背中ニキビを撃退

背中ニキビも、いろいろな原因が重なり発症します。しかし、背中の汗をそのままにしておけば、必ずニキビができるわけでもありません。ストレスを溜め込んだからと、必ずニキビが現れるわけでもありません。思春期とは異なる理由で発症する大人ニキビ。要するに、ニキビができやすい肌環境においても、ニキビ菌の増殖を抑制できれば、ニキビなんてできないのです。
これは、食事や生活習慣に気を配るだけでも十分に改善されます。では、その方法をご紹介していきましょう。

肌代謝を高める

肌の新陳代謝を活発にさせれば、肌のターンオーバーが規則正しく行われます。古い角質は削ぎ落とされ、常に新しい肌が生産され、モチモチの柔らかい肌のままでいられます。毛穴の開閉がしっかりできるので、毛穴に汚れが詰まるなんてことはありません。

では、肌代謝アップの食材をご紹介しましょう。

ビタミンA

レバーや緑黄色野菜に多く含まれています。鶏肉レバー、豚肉レバー、あんこうの肝、うなぎ肝を始め、味付け海苔、焼きのりなどの海藻類、ほうれん草、小松菜、にんじんなどの緑黄色野菜。

ビタミンB群

ビタミンB1は豚ヒレ肉、生ハムなど。ビタミンB2は豚レバー、鶏レバー、牛レバー、納豆など。ビタミンB6は、にんにく、まぐろ、酒粕、かつおなど

ビタミンC

赤ピーマン、黄ピーマン、レモンなど

ビタミンE

油、種実類、魚卵に多く含まれています。あんこうの肝、いくら、アーモンド、菜種油など

亜鉛

牡蠣、うなぎ、牛肉、チーズなど

セラミド

こんにゃく、しらたき、ひじきなど

このような食品を意識して摂取できれば最善ですが、とにかく偏食を抑えることがポイントです。
スナック菓子の食べ過ぎやアルコール類の過剰摂取などなど、食に関する知識があまり無くても、体に悪そうだなぁと思うものは、なるべく避けてみてはいかがでしょう。
それだけで、肌のターンオーバーの妨げになるものを排除できるので、肌質も少しは改善されます。

体の外側から背中ニキビを撃退

外側からは、どのようなケアが良いのでしょうか?効果的な治療方法を調べてみましょう。

直接、肌に触れるものを見直す

下着類の素材で、化繊が合わない方もいます。これから、新たに買い足すのなら、素材の良し悪し悩む手間も省ける綿100%が無難でしょう。

そして、バスタイム中は、シャンプーや石鹸の残りが背中についていないか、意識してすすぎましょう。

市販薬や化粧水を試す

ニキビに炎症を抑えて、退治してくれる薬や、クリーム、化粧水などが、沢山出ています。赤ニキビの方は、痛みや痒みを感じる方は、それらの塗り薬を使用してください。

炎症もなく、痛みもない背中ニキビ場合は、まずピーリングなど角質ケアをして古い角質を取り除いてください。そして、コットンに化粧水を含ませたっぷり保湿して肌を整えます。最後にニキビ用のクリームを塗ってください。

顎ニキビの原因と改善方法はこちら>>顎ニキビ

さいごに

背中ニキビ撃退方法。体の内側から外側まで、意識して取り組めば、いつの間にか背中も艶々、すべすべになるでしょう。継続は力なりですが、食事一つとっても、この忙しい毎日の中で続けるのは難しいものです。
セルフケアにも限界はあります。
本当に悩んだ時は、皮膚科専門の先生に相談したりして、自分に合った良い治療方法を見つけてくださいね。